働き手がいない・・誰と仕事をするか? 人手不足の地方の困窮


人手不足は自社だけじゃない!

白馬村大手250室あるホテルの委託清掃を請け負う

会社が人手不足を理由に 撤退の申し入れをしたと こっそり聞いた。

11月末で撤退

そんなぁ~~~ 250室だよ!!

30分で1室 掃除して 10時チェックアウトから

チェックインまでの 6時間・・・・

ごみを捨てて シーツはがして 掃除機かけて ベッドメイクして

バストイレ洗面所の水回りを掃除して

テーブル周り拭き掃除して

バスタオルやアメニティ お茶のセットして

ちょーーー全力で 1室30分

1人だと ベッドメイク時間がかかるけど・・何とかがんばって

1室30分 6時間だと 1人12室

フル回転で 最低20人は必要

20人・・・清掃メンバーを白馬で集めるなんて 無理だぁ~~~~

次の引き受け手の会社と緊急に打ち合わせているらしいけど

現場のスタッフは引き受け会社に移動するらしいが 果たして残ってくれるか?

スタッフを集められなくなった

集めるための求人の費用の高騰 給与の高騰で

赤字が続き 撤退と結論となったらしい。

状況は 理解できるが

現場はどうなるのか?? まったく他人ごとではない 青くなる話で

白馬は 外国人の経営するホテルが急激に増えて

ホテル運営や 現場の客室清掃は引っ張りだこ状態

時給はうなぎのぼりとなり

超人手の争奪戦なのです。・・・・日本全国そうなのかも

人がいないわけじゃなく

働く人がいない。

そして

自分ちだけじゃなくて どこも 人手不足なのだ。

働くことの意識改革が必要なんだと思う。

自社だけでは 生きてゆけない

どこまで お互いを思いやり 協力できるか?

価格競争なんて 遠い過去の話です

お客様 スタッフだけでなく

誰と仕事をするのか?

信頼できる人と 協力して

お互いが利益を生み出し健全に 継続できる環境を

整えないと

今の現状でさえ 守っていけないんだなと思う。

仕事をしてもらう時に お互いに仕事がしやすい状況を作る

日ごろからコミュニケーションをとる

業者さんだから と 上から 何か言うなんて

もう~~~トンデモナイ!ことですよね

清掃を請け負う会社さんだけでなく

周りを見渡せば

ボイラーの修理 大工さん 設備やさん

調理場に食品を収めてくれる八百屋さん 肉屋さん

ごみ回収をしてくれる会社

温泉 水質検査してくれる会社さん

電気保安 とにかく たっくさんの取引業者さんが

あるけれど 若者は少ない

職人は高齢だよ~~~

どこの会社も 人手がいないよ

協力して 仕事の仕方を変えるしか

進められないと思うのです。

昔の商人の言葉 三方よし とは よくいったもの

わたしも 誰と仕事をするのか

信頼できる人を 大切に 助け合い 前に進もうと思った出来事でした。

写真は 白馬八方の若者~~~~!!いっぱいいるよ~~~!

image

image

若者を大切にしないとね! 村の宝です。

The following two tabs change content below.
中村ゆかり

中村ゆかり

株式会社 五龍舘 代表取締役社長 長野県白馬村にて ホテル五龍館(ごりゅうかん)とアネックススクエア2件のホテルを経営する株式会社五龍舘の代表取締役 前職は、百貨店にて外資系化粧品の販売を12年。結婚し白馬へ。 4代目経営者となる。 大学の国際観光学科の講義やゼミ生と観光イベント実践のお手伝いもしています。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です