藤村先生から教わったBMWのbut 広告 壁下塾長 クルゼに続く


BMWの描く広告の BMWのお客様像が端的コピーで描かれています。すごくcool!!

それを習って自身のこと コピーしてみた!

師匠 藤村先生から2012年 BMWの素敵な広告を教えてもらったことがあります

藤村先生のブログ

BMWの広告で見る ブランドの作り方 という藤村先生のブログから抜粋

***********************************

■BMWの広告で見る、ブランドの作り方

以前見て、感心したBMWの広告です。
見開きでBMWのフラッグシップモデル『BMW7』シリーズを横から写した写真が下にあって、たくさんの文字が並んでいます。
真ん中にとっても目立つ「But、」
このキャッチコピーが素晴らしい!
こんなコピーです。

 人生に多くのことを求める人へ、BMW

大人の哲学をもち、子どものような純粋さを持つ人。

主流なのに、心は反主流である人。

スーツを着こなすが、ジーンズもはきこなす人。

人生も語れるが、ジョークもうまい人。

有意義も好きだが、無意味なことも好きな人。

ワインにも詳しいが、恐竜にも詳しい人。

常識は持っているが、決して縛られない人。

ITには強いが、手紙は万年筆で書く人。 

家庭を愛しているが、時には家庭を忘れられる人。

孤独も好きだが、社交も上手な人。

常に冷静だが、時に情熱的になれる人。

クラシックも聴くが、ロックも愛している人。

自信はあっても、過信はしない人。

美術館にも行くが、ジムにも行く人。

 協調もできるが、反論もできる人。

 夜更かしはするが、朝きちんと起きる人。 

守るものが多くても、冒険できる人。

部下には優しいが、上司には厳しい人。

食べるのも好きだが、料理もできる人。

上質にこだわるが、 贅沢は好きじゃない人。

自分の誕生日は忘れても、約束の時間は守る人。

BMW やるな~。
いいですよね~。
ウチのクルマはこういう人に乗ってもらいたい。
そう宣言している。

このコピー、すべて当てはまるような人、現実にはなかなかいません。
でも、こういう人になりたいと思っている人。
憧れている人は、かなりいる。

まさに、

「ブランドはお客さまが創る」

そういうことです。

ブランドを創出するのは、その会社ではなく、その会社を利用するお客さまなのです。
日本では、ブランドというと、知名度だと勘違いしている会社やコンサルタントがいる。
かっこいいロゴマークを作り、それを莫大な予算をかけてCMをして、露出を高めて認知度をあげたら、それでブランドができると思っているんです。

大きな間違いですよね。

コンセプトなんですよ。
メッセージや物語なんです。

それに共感したお客さまが、ブランドを創っていくのです。

一度、「理想のお客さま」は誰か?
それを明確にして、これを勝手にターゲットにしてみる。
ウチの商品はこういう人に買ってもらいたい。
そういうことを考えてみる。

そうするとメッセージやキャッチコピーに

 「切れ」

が出てくるんです。

******************************

かっこいい〜〜〜〜〜!!

それに対して

わたしの大好きな 二人のやってみましたブログ

マックスブログ塾バージョンにしてみたブログ  はここ

壁下ブログ塾 塾長の抜粋

『人生に多くのことを求める人へ、マックスブログ塾』

大人の哲学をもち、…いや、子供の人。 

主流なのに、心は反主流と言いたいが長いモノには巻かれる人。 

スーツを着こなすが、むしろスーツに着せられている人。 

人生も語れるが、下ネタの方が得意な人。 

有意義も好きだが、無意味と有意義がよく分かってない人。 

ワインにも詳しいが、ファンタ通の人。

常識は持っているが、その常識がそもそも間違っている人。

 ITには強いが、手紙を書く時自分の字の汚さに驚愕する人。 

家庭を愛しているが、この世で一番奥様が恐い人。 

孤独も好きだが、5分で寂しくなる人。

常に冷静だが、実は何も考えずぼーっとしてる人。 

クラシックも聴くが、ほとんどベートーベンだと思ってる人。 

自信はあっても、全く根拠がない人。 

美術館にも行くが、入場料を支払ったら妙に納得する人。 

協調もできるが、同時にもっとおもしろい事がないか考える人。

夜更かしはするが、朝はめざめしテレビを観る人。 

守るものが多くても、忘れっぽくて立ち位置があやふやな人。

部下には優しいが、上司にはもっと優しい人。 

食べるのも好きだが、飲む方が好きな人。 

上質にこだわるが、その質をあまり理解していない人。 

自分の誕生日は忘れても、妙にアメリカ独立記念日には反応する人

肉料理が好きだけど、魚料理も好きな人。

同期で買い物中毒 野田さん

野田大介さんのブログ 野田さんのブログの抜粋

『 人生のストライクゾーンが極端に狭い人、野田大介 』

大人の哲学をもち、子どものような財布の中身の人。

主流なのに、心は反主流とスカしたヤツが死ぬほど嫌いな人。

スーツを着こなすが、100万以下はスーツじゃないと思う人。

人生も語れるが、語るヤツが死ぬほど嫌いな人。

有意義も好きだが、「今日は有意義でしたー」って言うヤツほどそう思ってないと思う人。

ワインにも詳しいが、ワインのことを話すスカしたヤツが死ぬほど嫌いな人。

常識は持っているが、決して縛られないとイキるやつが死ぬほど嫌いな人。

ITには強いが、自撮り用にカメラの向きを変更できない人。

家庭を愛しているが、欲しいもの優先で子供にまったく興味ない人。

孤独も好きだが、社交的な人を薄っぺらいと密かに思う人。

常に冷静だが、マカオ (カジノ) とニューヨーク (買い物) でははしゃぐ人。

クラシックも聴くが、NIKEのコルテッツだと思ってる人。

自信はあっても、真ん中にはいたくない人。

美術館にも行くが、一切立ち止まらないで素通りする人。

協調もできるが、二度目は絶対に行かない人。

夜更かしはするが、結局は昼寝する人。

守るものが多くても、どんどん買うのでさらに増える人。

部下には優しいが、自分にはもっと優しい人。

食べるのも好きだが、絶対外食じゃないと嫌な人。

上質にこだわるが、そのせいで現金が常にない人。

自分の誕生日は忘れても、誕生日プレゼントは365日分思い浮かぶ人。

ということで

二人について行こうと思います。

中村ゆかり編です!!

「人生にほんの少しの毒を求める人へ」 中村ゆかり

大人の哲学とは・・食べることと寝ることだと思う。

ふつーの主流なのに 反主流に憧れる

スーツを着こなしたいが ストレッチ素材じゃないと着れない。

人生も語れるが つい毒も入る

有意義系の金儲け主義は苦手だが 金が無いのはもっと嫌だ。

ワインも詳しいが とりあえず飲んでしまう。

常識は持っているつもりが 現代の50歳以上のほとんどは非常識だ。

ITには弱いが なんとかなるガジェットに感動する。

家庭を愛しているが 自由になった今が一番好き 。

孤独も好きだが スマホは手離さない。

常に冷静だが そこは歳とったんだなと思う。

クラッシックも聞くが 子供にバイオリンを習わせて わたしが 間違えて教えてばかりですぐヤメた 以来 トラウマ。

自信はあるが なんとかなる自信でしかない

美術館にも行くが 出てくるのが早い。

協調もできるが つい人の癖を見つけては 毒るのが好き

夜更かしはするが 平均睡眠時間7時間

守るものが多くても 65までに身軽になりたい

部下には優しいが 最近ではその部下の方が怖い

食べるのも好きだが お料理も大好き10分以内にできるものに限る

上質にこだわりたいが 上質の幅が広いことを知りそこそこ目指す

自分の誕生日を忘れても 健康で生きてることに感謝は忘れない

なんか その人らしさが出るもんだ!

あなたは どうかな?? やってみて〜〜〜〜!!

引き続き 夏休みを楽しんでくださいね〜〜

The following two tabs change content below.
中村ゆかり

中村ゆかり

株式会社 五龍舘 代表取締役社長 長野県白馬村にて ホテル五龍館(ごりゅうかん)とアネックススクエア2件のホテルを経営する株式会社五龍舘の代表取締役 前職は、百貨店にて外資系化粧品の販売を12年。結婚し白馬へ。 4代目経営者となる。 大学の国際観光学科の講義やゼミ生と観光イベント実践のお手伝いもしています。

コメント

  1. […] こんばんは。 エクスマ仲間の五龍館の中村ゆかりさんが面白いブログを書いてくださってました。 […]

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です