ベトナムダナンリゾート  リゾートバブルだよ〜〜〜!


なんども見てきたバブル だからその先もなんとなくわかる ホテル経営の本質とは

ベトナムは北のハノイ(首都)四季があり人柄も勤勉な気質 

南のホーチミン(サイゴン)フランスの植民地の名残でヨーロッパの様式の建物

教会 エキゾチックな南国 日本の沖縄とも似てる

その中間に位置するのが ダナン

3月に天皇皇后陛下がご訪問されたのが フエ王宮はダナンのすぐ上のあたりです

今最も アジアリゾートで 注目されているのが

ダナンリゾート 海沿い100キロも美しい白い砂浜が続き

車で20分も走れば 街ごと世界遺産の美しいホイアンがある

今年の11月APEC会議 閣僚会議が開催 アメリカトランプ大統領を始め世界のトップをお迎えする ホイアンでは財務大臣の会議

そのダナン ホイアンのホテルを実際に見せてもらいました。

美しい遠浅の海 白い浜が続く ビーチがシェラトン リッツカールトンなど 名だたるホテルがビーチ沿いに何キロにも渡って建設ラッシュでした。(間に合うのかな?・・・・間に合うって言ってました 笑)

現在のダナンリゾートを有名にしたのが

フュージョンマイヤーというホテル

代表的な1枚の写真 プールの向こうに        海が広がる


日本の京都を意識したデザイン エントランスに竹の使い 1軒づつのコテージにはこじんまりだけど 和風露天風呂のようなプールが配してある

お天気の良い日には プールの向こうに美しいエメラルドグリーンの海が広がる

ダナンの開発はこのフージョンマイヤーが先駆者で運営を手がける

持ち主ではなく コンセプト デザイン 演出 新たなホテルを作りスタッフの教育 実際に運営をしていく会社

ベトナムは社会主義国で必ずベトナム人の株主なり出資者なりが関わる。見せてもらったこの場所も もうすぐフュージョンは運営を撤退するみたい

日本人ゲストのためにここで働く  いずみさんも

4月から別のホテル(フュージョンの運営するホテル)に移動するそう

オープンして お客様が入る ヒットしたら投資家たちは ベトナム人やコストの安い韓国人の運営会社に委託する

フュージョンも引く手あまたなんでしょうね

デザイン すごくセンスが良いし 意心地が良いホテルです

玄関入り口は 京都のイメージ

竹の洞窟を抜けていく感じ

各コテージの入り口にも 竹のトンネルがあります

レストランも素敵ですよね〜〜この色使い おしゃれだわ〜〜

そして 清掃中のコテージを お庭側のメンテナンスドアから見せてもらった

コテージには プラーベートプールがこんな感じに

日本の露天風呂みたいな雰囲気でした

img_2597.jpg私が見せていただいた時間は メンテナンスの時間

多くのスタッフが 草取りから クリーンナップを徹底していました。

日本人スタッフの いずみさんも ゲストの相談に乗るコンシェルジュの役割を

果たすそうで 日本人ゲストにはいずみさんがついてくれるので安心

ゲストのために 様々な国のスタッフがいるそう

センスが良いだけではなくて この人の関わり方 スタッフの質の良さ

目には見えない部分を大切に守ることで

心地よさ 雰囲気 フュージョンマイヤーの世界観があるのだが

運営が変わった途端・・・悲惨な状態になるそうです

わかる気はしますよね

運営が変わるということは ホテルの魂が変わる 

また ビーチリゾートでの 個性って 本当に難しいなぁとも思ったのは

フュージョンのすぐ近くに

日本のホテルが 進出していたのも見せていただいたのですが

ここからが 現在 作ってるホテル 7月開業だそうです・・・間に合うのかな?

間に合うそうです笑

ここは プール コテージの感じ 竹を使ってるところ

スケール 敷地面積も大きいけど フュージョンの真似してるように見えました


でもね きっと 海に面して プールがあり

スパがあり ビーチ沿いに ベッドが並び コテージにはプールか

スパがあり 美しいシャワーブースがあり と どうしても似た雰囲気になっちゃいますよね!!

このビーチの並びには 世界で有名どころのホテルも

本当に 20件くらい 連なって建築中なんです

超バブル!!

何が違うのか??

そのホテルの作り手の魂 情熱 センス 人柄 生き様

運営する人のホテルへの愛情 ゲストへの愛情

目に見えないことだらけ なんだと思います。

そして 最後にそれっを持続できるのか!!

ずっと 情熱を持ち お客様を愛せるのか!!

結局 人なのね

今回 ダナンに1泊したホテルがあります。

以前 フュージョンが運営していて

ダナンで1番良いと言われてたホテルだそうです

が なるほど 驚くほどの変化だった!

レセプションは若い韓国人スタッフが4人並んでいても誰も目を合わさない にこりともしない

ルーフトッププール ルーフトップのBAR なんか?どっか?おかしい??カッコよくないし 居心地も悪い

お部屋も一見 広くて

超ゴージャスなガラス張りのシャワーブースなのに

お湯が出ない

サブ〜〜〜〜!

3500円の安宿ホイアンでも 暖かいお湯が出たぞ

韓国人の団体ばかりが目立つホテルになってました。

外見は同じでも すごい変化でした

ホテルって 施設 デザイン 外見じゃない 魂 情熱なんだな!と

改めて思いました

ホテル側とすれば お客様評価って 怖くて嫌なんだけど

外見からはわからないこうした事情を教えてくれるのは 泊まったお客様の情報だもんね 情報がオープンであることは 重要だね

いつも辛辣なメッセージをもらうから 嫌だけど・・・

株主や 持ち主の意向でどんどん変化する大型ホテルって

なんてつまんないんだとも思った

ヒットした 施設 スタイルは あっという間に真似される

ベトナムのエネルギーでしばらくはバブルかもしれないけど

同質化すれば

すぐに価格競争になる

当然 コストカットを求められ

魂が 途切れ途切れになり

何が コンセプトだったのか?

何が愛情だったのか?? おかしなことになってしまう

ここから ダナンの 以前 フュージョンの経営だったホテル

ルーフトップ プール と BAR  なんだけどね・・・・

わかる?? かっこよくないよね〜〜


わたしも バブルの時も経験した

ものすごく苦しくて コストカットしなくちゃ ならない時も経験した

でもやってこれたのは

情熱 前を向く力

苦難を乗り越えようとするアイデアがあったからと思う

なんで そんなに 情熱があるのか?

と聞かれても わからない

熱いもんはしょうがないよね!!
アジアの情熱に触れて

ますます わたしの情熱 魂のホテルをつくろう!!そうしよう!!

と思った そんなベトナム リゾートホテル事情でした!

The following two tabs change content below.
中村ゆかり

中村ゆかり

株式会社 五龍舘 代表取締役社長 長野県白馬村にて ホテル五龍館(ごりゅうかん)とアネックススクエア2件のホテルを経営する株式会社五龍舘の代表取締役 前職は、百貨店にて外資系化粧品の販売を12年。結婚し白馬へ。 4代目経営者となる。 大学の国際観光学科の講義やゼミ生と観光イベント実践のお手伝いもしています。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です