らく~に楽しく仕事する!を実践中です。


わたしとわたしのスタッフが楽しい仕事をしたい!

エゴイストに聞こえちゃうかな・・

あっ調理場が入ってないけど わたしの大切仲間たちです。

今 わたしの暮らす白馬は特に ホテル激戦区で 慢性人手不足です。

もともと宿泊業が多いのに さらに外資ホテルがたくさん入ってきてるし

冬には スキー場が大規模募集をかけるので 深刻な事態です。

人手不足は 日本全国さまざまな業種でも言われてますよね。

過去には戻れない

2015年の統計調査 1人口の1/6は65歳以上なんだもんね

そんな訳で スタッフの他

大学生のインターシップ生も積極的に受け入れています。

若い力がありがた~~い! 人手ってだけじゃなくて 活気が出て明るくなります

うれしいことにインターシップに来てくれた

学生は 全員 ホテル 旅行会社に就職が決まりました。

同じ観光業に入ってくれるの うれしいです。

五龍館にきて 絶対この業界いやだ~~~って思われなかつた事にほっとしてます。

今 わたしたちが取り組んでいることに 「らく~~に楽しく仕事をする」

imageimageimageimage

コトバのまんま

作業のすべて らくな方法 楽しくなる方法を考えてみる。実践してみる。

やってみてダメな時は また考えてやってみるを繰り返す。

従来の人手がかかってる業務を見直し やり方を変える。

機械でできることは 機械を導入する。改修したらよいとこは改修する。

どうしてもできないことは 予め 「できないこと」をお伝えする。

「できないこと」で怒られたら 「ごめんなさい」とお詫びする。

やってみたら

「今までと比べると全然違う」ことが続出! ぜんぜん楽じゃん!!って

オーダーシステム アイフォンやアイパッドに変えたり

お水グラスを スタッキングできるものに変える

器を小さく 軽いものに切り替える。

15分~30分 その時の状況に応じて お食事時間のスタートを早める

お客様に美味しい季節のお料理を提供することが中心だったけど

同時に わたしたちの

オペレーション 作業からも考えて構成し 器やらメニュー構成をつくる

「らく~~~に」と考える以前と比べて

毎日の洗い場片付け作業が終わるのが 少ない人数なのに1~2時間

早く終えられる。すご~~~!

それで これまで 4人必要だったと思っていたのが 2人で行けますよ

とか 早く終わったので 早く上がりまーすとか

お客様には 見えない部分で すごく変化してます。

「らく~~」で いいんだ!と

「らく」してよいんだ!と浸透してきたんです。

「お客様から クレームをいただくのは 本当につらい。嫌だ。

怒られる矢面に立つ子がかわいそうだから みんなで最終チェックしっかりやろー」

「らく」するためにも しっかりやろーーって

現場が変化してきた。

いいじゃん いいじゃんって アイデアを実行することで成果が見えてくる

ちょっと 昔に戻った気がして 楽しいです。

一人一人に余裕がちょっとあるから 笑っていられるし

インターシップ君たちも 楽しいって思ってもらえるかも

そうでありたいな。

お客様からはご要望もある

長年お越しいただける顧客様には 変化は戸惑われるかもしれない。

至らないこともたくさんあって ご迷惑をおかけするかもしれない。

ご不便をおかけしないように 努力します。

お客様あってのホテルですから もちろん大切です。

わたしは この「らく~~に楽しく仕事をする」まっしぐら

わたしのスタッフや身近な人を まずは しあわせにしたい。

この笑顔を守っていきたいと 心底思います。

スタッフみんなとこころから 笑っている 明るいホテルで

お客様をお迎えしたい。と思っています。

11月からは

群馬県の高崎産業大学の 観光ゼミのお手伝いに行ってくる

インターシップ生を勧誘してくるぞ~(*^^*)

冬のメニューを考えながら 思ったことです。

白馬も日中が15度と秋めいて 寒くなってきました。

今日は以上です。

The following two tabs change content below.
中村ゆかり

中村ゆかり

株式会社 五龍舘 代表取締役社長 長野県白馬村にて ホテル五龍館(ごりゅうかん)とアネックススクエア2件のホテルを経営する株式会社五龍舘の代表取締役 前職は、百貨店にて外資系化粧品の販売を12年。結婚し白馬へ。 4代目経営者となる。 大学の国際観光学科の講義やゼミ生と観光イベント実践のお手伝いもしています。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です