ブティックグレース あこさんに会う!大阪の旅


大阪ブティックグレースの石黒あこさん

随分前からSNSで憧れの人でした

石黒あこさんのブログ あこちゃんのひとりごと めっちゃ憧れの人です

みて〜〜〜〜〜〜 イタリアのマダムみたいでしょ!かっちょえ〜〜〜〜〜

きっかけは アパレル業界の短パン社長との絡み

SNSの発信が面白くて 楽しそうで 何と言ってもおしゃれ〜〜

こんなに素敵な人がいるんだなぁって 密かに憧れました

アパレル業界の人って おしゃれすぎて ちょっと近寄りがたい

きっと お高いお洋服を着て おしゃれな生活をしてるんだろうなぁと思い

遠くからストーカーのように密かに見てた

若い時には お洋服を買って 美容院に行って

おしゃれ経験はありますよね でも 年とともに どうやっていいのか

わからなくなる

私の場合 53歳ごろにね ぶくぶく そんなに食べてないのに

ぷくぷく 太ったの

お洋服が全く着れなくなった

靴もね 足がむくんで 体が重いから パンプスなんて絶対無理ってなって

何着ても おばさんみたい・・・(そうなんだけどね)

そんな時に あこさんを知って 同世代でイキイキしてて 毎日SNSの発信してて

かっこいい 素敵!って思っていました

昨年 壁下さんのブログ塾に行き エクスマエヴァ塾に行き

短パン社長や アヤーコ クルゼたち おしゃれな若い人と付き合ってもらう

うちに どんどん楽しくなって行動して出かけることも多くなる

すると あら不思議 体が少しだけ軽くなってきた おしゃれもしてみたい!

今回大阪行きが決まった時

壁下塾長に リクエストしたのが あこさんのお店

すると

サプラーイズ!

ランチは あこさん飯ですって なった

さすがに初対面で あこさんに作っていただいたご飯をいただくのって

恐縮だなぁ〜 緊張するわ〜〜と思ったら

あった瞬間 明るくて 楽しくて 大好きになっちゃいました

ちゃっかりしっかり ご飯もいただきました 笑

img_3679.jpg

あこさん飯 本格的にうまい たけのこわっぱ飯 さわらの焼き物 濃厚卵焼き 春キャベツ 新玉 ラデッシュのサラダ お揚げと里芋味噌汁 うどの炒め物

img_3680.jpg

連れてってもらったの 左から 壁下さん アヤーコ あこさん クルゼ 

あこさんて

すごくお金持ちで 趣味で ブティックをやっているのかな〜なんて思っていたら

熱い経営者でした。そのお話は尊敬することばかりでした

あこさんの子供頃 実家は 超〜〜〜〜〜〜〜お金持ちで本物のセレブ

どうりで セレブオーラ自然に身についているんですね 本物の良いものを十分知ってる けれど 大人になる頃には バブル崩壊の時代の波を受けて事業が縮小

あこさんは 会社員のご主人と結婚

以外にも 普通の主婦を経験して ダスキンでもアルバイトをしたそうです

大人になって 学んだことが多い だから 何事も大切に無駄にしないって

超セレブから 一般主婦まで 振り幅すごいよ〜〜〜〜

一緒に行った クルゼとあこさんの境遇のそっくり具合が似てて ハンパなかった

主婦をしながら アルバイトをしていても

もともと身についた センスが良いから オーナーからやってくれと頼まれたのがきっかけ 子育てをしながらも お店をやっていくことになる

最初の 自分の知っている洋服屋視点で仕入れた洋服は 1着30万円

自分が知ってるブランド でも 売れないことに気づく

当時は ユニクロも販売がスタートして 洋服の価値が大きく変わった頃

どれだけ良いお洋服でも 高価な服は売れない

たまたま 仕入れた 安いブーツを 店の外に

ダンボールの切れ端にマジックで 9800円って書いて置いたら

飛ぶように売れた!

あこさん 「そうか みんな 安いのがいいんだ」と気づいた!

この言葉・・・・セレブやわ〜〜〜

超絶金持ちと 普通の主婦を両方知ることで 人生の幅が広く さらに天性のセンスが磨かれた人生を歩んでこられたんだなと思う

それから 手頃な価格のお洋服でも おしゃれにアレンジして

少しづつ お客様に

普段から ユニクロより ちょっと良い服

おしゃれな服を 特別な日にだけ着るのではなく 普段に着る

クリーニングの技術もいいから 痛まないし 5年は着れる

良い服を5年 普段着で来て 5年経ったら 新しい服を買う

似合わないものは絶対にすすめない!

親しくなると 美容院も紹介する

「あんたその髪型似合ってないで」

「あんな メイクおかしいで」って メイク教室をしたり

洋服が欲しいけど お金がないと言う人には アルバイト先を見つけて来る

今では 楽しく働いて 自分のお金で お洋服を買ってる

聞いてるだけで ワクワクする

あこさん奮闘記は お腹抱えて笑うけど どの話も深くてめっちゃガッツがある

普通の体験じゃない

なぜ あこさんが ご飯も作るのか?

昔 ブテックを始めた時 朝から晩まで お客様が1人も来なかったことがある

誰とも話さない1日 どれほど辛いことか

お客様が来てくれるって こんなに嬉しいことはない

来てくれた人を喜ばせたい

お腹は空いてないか? お茶は当たり前 自然にご飯も作るようになった

んだって ブテックなのに

オープンキッチンや ダイニングテーブルスペースももある

この日は ポーラセーツ教室で 7人の生徒さん 私たちが隣でランチ食べて

一体 この店 何屋さん??って感じです

さらに ご飯は全て オーガニック素材 野菜は農家さんが旬の物を届けてくれて

お米も 私も イタリアンシェフが作った 新玉ねぎドレッシングと

海苔屋さん特注のふりっこを購入しました

img_3745.jpg

あこさんの生き方

あこさんの選ぶお洋服 メイク 髪型

あこさんの着こなし

あこさんが良いと言う体のメンテナンス 針灸 マッサージ

あこさんとの会話 家族 仲間 ビジネス SNS発信

全部ひっくるめて

あこスタイルが かっこいい!!

こうした 全部ひっくるめたのが これからのビジネスなんだと思う

誰から 買うのか?

誰から 買いたいのか?

そこ重要!!

めっちゃ 笑って 食べて 話して 楽しい大阪の旅になりました

憧れが 尊敬に変わった

大阪の春です

かっこいい〜〜〜私もそう言われるよう がんばろ!

あこさんに教わって おしゃれもしたいと思います。


ありがとうございました〜〜〜〜

The following two tabs change content below.
中村ゆかり

中村ゆかり

株式会社 五龍舘 代表取締役社長 長野県白馬村にて ホテル五龍館(ごりゅうかん)とアネックススクエア2件のホテルを経営する株式会社五龍舘の代表取締役 前職は、百貨店にて外資系化粧品の販売を12年。結婚し白馬へ。 4代目経営者となる。 大学の国際観光学科の講義やゼミ生と観光イベント実践のお手伝いもしています。
コメントの入力は終了しました。