好きなことやれ!究極の魅力をつくる本質


好きなことをやれ!

11月のこと

タイに行き 吉川さんに会い

北海道 阿寒湖温泉 鶴雅グループの営業本部長 山浦さんに会い

東京上野 ながおか屋の前川さんエリーに会いました

皆が共通に アドバイスをくれたことがある

ゆかりさんの好きなことをやれ!

もっとやれ!

タイでは 吉川さんが教えてくださった

吉川さんは元ヒルトンなど外資系ホテルのマネージャーで海外マネージャーを経験後

タイで独立し 旅行会社の代表です

しかも イギリスやヨーロッパへの転勤を命じられても グレイの空の下で

働きたくない やしの木のある場所が良い!って主張し 南国リゾート配属

グアムヒルトンが大人気だった当時のマネージャーで

200人のダブルブッキングをハワイまで 飛ばした!というツワモノ

(業界用語でダブルブッキングは 2重予約となり客室が100室足りない状況

系列ホテルがあるハワイまで飛行機をチャーターして お客様連れて行ったということです)

そんな幾多の外資系ホテルマネージャーの経験から

いつも スマイル! 動じないこと 特に海外では必要です

器の狭い人間は嫌われる

笑って 楽しんでいる人と仕事がしたいのは世界共通 特にエグゼクティブクラスはね

タイはアジアのホテルの最先端です

先進ホテルがしのぎを削り

歴史ある有名ホテルでさえ 変化を求められる

顧客の満足に向けて1歩先を行く・・・・・具体的にいうと

今お金を持っている インド 中東のお客様の満足に答えていく

変化に対応するってこと

停滞することが許されず 成長しなくてはならない競争の資本主義社会です

この写真はタイの名門オリエンタルホテルのリバーサイド 対岸建設されている ペニンシュラホテルの風景 果てしない 観光先進国の競争原理です

そんな厳しい社会の中で成功されている吉川社長

最先端にいるからこそ

個人の時代と言います

あなたの好きな事をとことんやれ!

好きなこと何? 好きな人は誰? 好きな音楽は?

わたしが大好きな料理

わたしが大好きな飲み物

わたしの好きなベッド

わたしの好きなことを取り入れろ

あなたが経営者なのだから それができるんだよ

タイの素敵なホテルを見せてもらったけれど 歴史あるBARも レストランも

業績次第では 変わってしまう オーナーが変わればその好みで変化する

新しいオーナーの趣味が 以前のオーナーの趣味よりも良いとは限らない

自分好みにつくることが醍醐味だよ

ま ちょっとスケールが大きすぎちゃいますけど

最先端に触れさせてもらって アドバイスもいただきました

吉川さんと元ペニンシュラホテルの玄関で ホテル名がANAN…なんとかになってるでしょ

日本に戻って 東京で

エクスマを通じて 10年以上のお付き合い 阿寒湖温泉旅行 鶴雅温泉旅行グループの

営業本部長 山浦さんと 上野さん 上野さんが鶴雅の客室コントロールしてるのよ!

今 東京で営業してる 山浦大ちゃん (大はわたしも子分でもある)

親友のながおか屋の代表 エリー

五龍館 スタッフのかげゆ と ミカちゃん 一緒にプチ忘年会

ラムチョップと パエリア 最高に美味しかったぁ〜〜〜

このスマイル 山浦さ〜〜〜ん わたしの営業の師匠です

かげゆを連れて一緒に 営業を連れて行ってくれるし たくさん教わっています

阿寒湖 鶴雅は 来年もう1件 新しい館ができます。

北海道で12件 集客は 1日 10000人でも 全然足りません。

単純に五龍館の12倍でも 足んない

恐ろしいですよ  それをやってる訳だからこの方達は

山浦さんの話を聞く都度

スケールの大きさのすごさと大変さを知る

わたしたちの悩みなんて 米粒に思えるの

小さい上に そこにわたしも かげゆも ミカちゃんも

仲間がいるわけだから やれるんじゃないかって 思えてくるから このスケールの圧倒的差っておもしろいね!

大きな集客をやりながら わたしには

好きなことをやれ! っていう

ながおか屋の代表 エリーこと前川さんは 大親友

飲食の師匠です。常に前向きで困難に立ち向かって行く

エリーの尊敬することは

自分がやりたいことを 実現して行くってこと

わたしが アドバイスされている もっと好きなことをしろ!ってことを

実際に実践してる パイセンなのだ

ラムチョップ 今でこそ ながおか屋現象で スペイン料理にカテゴリーになっているけど

ながおか屋以前は フレンチで ラムチョップは ナイフフォークで食べる高級な1皿でした

それを 焼き鳥のようにがブッと 食べて ワインも 値段を気にしないでカプカプ飲みたい

エリーが好きなことを実現させたのがこの店 それからパエリアもね

店のある上野仲町通りって 行った人はわかるけれど ちょっと客引きが多くて雰囲気が・・な通り 昔はそうではなかった もっとここに人が歩いてほしい 女性に来てほしいって

店を作った。さらに エリーが大好きな フジロックに出店!!

フジロックのヘブンに 必ず毎年ラムチョップを持って行く

大好きなこと

ラムチョップ ワイン パエリア フジロック 実践して

今や ラムチョップ年間19万本

美味しいラムチョップにこだわって 現在の方が 質の良いラムになっているそう

肉の問屋さんが扱う量を超えて 商社と直取引

自分でニュージーの牧場へ行き 直接現地を見て 仕入れるから違うよね

好きを極めると そうやって進化して行くんだぞってことを身近で見せてもらってます。

その間にも いろんなことがある

悩みも困難もある 泣きべそかきながら エリーは前に進んで行くんだよね

で エリーにも ゆかりさんの好きなことをやれ!!って いつも言われる

好きなことをやれ!!

これまでも嫌いなことはやっていないけれど・・・好きの前に 現場でできること

今のメンバーでもできること が わたしの選択だった

今あるお金でできること

今いる人数でできる最大限 のこと とかね

だから 同質化する  同じような個性になってしまう

それを やめろって

もっと 自分自身を出せって アドバイスなのだと思う

わたしの好きなことやるには 伝える努力が必要だとも思う

好きなことをやる

実現するためにも

すぐできることから 毎日ブログを書いて

伝える練習をする

そして 好きなことを発信して行きます。 がんばるぞ〜〜〜〜〜〜〜〜!

The following two tabs change content below.
中村ゆかり

中村ゆかり

株式会社 五龍舘 代表取締役社長 長野県白馬村にて ホテル五龍館(ごりゅうかん)とアネックススクエア2件のホテルを経営する株式会社五龍舘の代表取締役 前職は、百貨店にて外資系化粧品の販売を12年。結婚し白馬へ。 4代目経営者となる。 大学の国際観光学科の講義やゼミ生と観光イベント実践のお手伝いもしています。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です