熱い人と仕事がしたい!と言われて行った初めてタイ タイの社長かっこいい〜


はじめてタイに行って来ました。

営業というシビアなお仕事ですよ!!

タイに到着したとたん

「サワディカー」と 手を合わせて 優しく挨拶される

癒されますね〜〜〜

やっぱり自分で体験することは大きいなぁ 食事も美味しいし

タイが大好きになりました。

バンコク 600万大都市圏に 日本人は 5万人住んでいるそう

街並みは tokyoみたいなビルが立ち並び

すぐ横には 古いビルがひしめき合い 町工場のエリアもある

img_0605

街や道路はきれいで こんなにも

若い人が溢れているのを見たことがないって言うほど人が多い

夕方17時過ぎから 20時までの間の バンコク市内は慢性渋滞

この時間帯に動くのは危険

人で溢れ 車やバイクも電車もパンパン状態

女性も働く共稼ぎが当たり前で

外食文化が根付いているので 屋台でご飯を買って帰ったり

食事に出ることが多いそう 観光客用の店だけでなく現地の人でも

飲食店や 屋台が賑わう!すごい活気です。

img_0612.jpg

img_0598.jpg

img_0433.jpg

img_0597.jpg

屋台料理 美味しそう!

観察してみると

朝 出勤前に 飲み物や お弁当を並んで買って持っていく

朝食ランチ用の屋台は 午後には 撤収されて 夕食用の屋台に入れ替わる

夜は もっと賑やかな屋台通りになる

会社の帰りに 立ち寄りって食べたり 買って持って帰る人でごった返す

まるで 毎日が お祭りのようです。

今回は 初タイスタンダードの食事に行って来ました

タイ在住 17年の 今回のホストをお願いした

吉川さんに案内いただいて

おしゃれな スコタイホテルの

セラドンに行きました。

タイの伝統の踊り レストランで食事をしていると

テーブルを回ってくれる

でも ダンサーよりも サービスをしてくれた

スタッフの優しい物腰 なのに 速やかに 痒い所に手が届くサービスに感動でした。

トムヤムクン

日本人に大人気のトムヤンクン エビのスープや

空芯菜炒め

ソフトシェルかにの炒めをいただいて

新たな 観光の名所 64階にある BARへ

ルーフトップBAR  日本とは スケールが違う

何の柵もない 許されちゃうことに 驚きです

六本木ヒルズが ルーフトップになってる なんて信じられないですもんね

すごい夜景や 空 星が近くに感じられます

img_0384-1.jpg

img_0374-1.jpg

そして街のあちこちに 喪に服するプミポン国王の追悼の斎場があちこちに

みられ国民に愛され 惜しまれて お花にあふれていました

仏教の国 信仰の国ならではなのかな

会社の入り口の横

ホテルの入り口の横

お家の玄関の横には こうした スピリチュアルハウスがあります

像は ガネーシャ 障害を取り去る神 色々な意味があると

思いますが とても綺麗に 設置されていました

足早に タイを駆け抜けて思ったことのまとめ

アジアは若い人が溢れていて 成長の勢いに圧倒される

食事が美味しいこと 人が優しいことに 癒される

タイで ちょっと威張っている日本のおじさんをたくさん見かけたけど

タイの女性は優しく応対してくれる 幸せの国はここにあったのか発見

でも もう日本人はそんなにお金持ち

って思われてはいない。

観光先進国のタイの顧客は インドと中東に移っているそう。

日本のポジションが 随分と変わっている

タイ詣で が盛ん 経済成長の国 タイに日本に来てねと

営業がすさましい (私もだけどね)

タイでは 女性社長が多い

女性がエネルギッシュで 小さな会社が すごい業績を成長させている

小さい会社で めっちゃ稼ぐ!

そして 今回のタイに行って わかったこと

信仰の国だけあって

どれだけ稼ぐか?

儲かるか?? よりも

誰と仕事をするか?

熱い情熱を持つ人と仕事がしたい

日本の上っ面な観光の斡旋は うんざり!だって

熱いハートを持った人を連れて来てください という条件で

私が行きました。

もうその段階で めっちゃ感動です

熱いっすよ

わたしも 熱いっす タイの社長に負けてないから!!

何が どうなるかは この先わかりませんが

久しぶりに 気合が入った タイ旅行でした。

大好きになりました

とりとめのないタイ旅の報告でした。ではでは〜

The following two tabs change content below.
中村ゆかり

中村ゆかり

株式会社 五龍舘 代表取締役社長 長野県白馬村にて ホテル五龍館(ごりゅうかん)とアネックススクエア2件のホテルを経営する株式会社五龍舘の代表取締役 前職は、百貨店にて外資系化粧品の販売を12年。結婚し白馬へ。 4代目経営者となる。 大学の国際観光学科の講義やゼミ生と観光イベント実践のお手伝いもしています。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です