ベトナムのゲストから学ぶ!英語はブツ切りだっていいんだ!


2月にベトナムでお会いした ソン教授ご家族が長野 白馬に来てくれました!

ソン教授は 日本とベトナムの歴史 文化 考古学を研究をしていいる大学の教授でもあり ジャーナリスト ツーリズムの専門家でもあり

地位の高い方なのです

出会いは 2月に高崎国際大学 国際観光学科 井門先生とゼミ生と行った

ベトナムダナンの旅

今年の3月はじめ 天皇皇后陛下が ベトナムフエにご訪問が決まり

その記念イベントに 学生とともに招待いただく機会がありました。

ベトナム在住の 中村氏のおかげなのですが

そのときに ソン教授と出会いました

ご縁が繋がって 8月 長野 白馬にも来てくださいました

若い時に日本の松江にも留学されていて

「わたしの夢は わたしの家族をわたしの大好きな日本を見せること」

日本が好きだって 聞くと 本当に嬉しいですし

ベトナムでは 日本人の功績もあり そのおかげでありがたいですよね

善光寺では お参りをする おみくじひき お守りを買う 閻魔様のことも

仏教だから 同じだよって  仏教の国なんだなぁ アジアだなぁと思います

img_6648.jpg

ちょうど 同じ日 高崎経済大学の井門ゼミ生たちは

ベトナム ホイアンの日本フェスティバルに参加 大成功の様子

ホイアンのお祭りノボートレースも参加して 盛り上がっていました。

学生たちのおかげで ベトナムとの繋がりができたよ

ありがとうね  それにしてもホイアンいいわぁ〜大好き!

わたし 気づいたのですが

最近出会う アジアの人 ベトナム タイ 台湾 シンガポール や インターシップのフランス人学生も

みんな 英語を話す

ま 話しますよね

アメリカや オーストラリアの人のように 話すのではなくて

単語 単語 単語 ぶつ切りで

流暢になんて 話さない

結構 ぶつ切り 英語だな!って

そんな Rの発音だの Lの発音だの thの発音だの

気にしている人はいない

早く話せる人も 少ない

ブツブツブツブツ切りだから 言葉が 繋がらないから

時間がかかる

でも 一生懸命 伝えようと 話してくれる

そうなると

こっちも 一生懸命きく

わかる 単語と 単語を拾って 話を聞く

なんともぎこちないけど

一生懸命向き合ってるから 全然 不自然でもなく

会話は 続くの!

あ〜〜〜これでいいんだな!!って

うまく話そうなんて 思わなくていいんだ!って

気づいんたんです

これまでもね

冬のシーズンになると お客様がたくさん話しかけてくれる

I can’t speak English. I’m sorry〜〜

なんて 言うと 悲しそうな顔をする

なんだよ ホテルスタッフなのに 喋れねーのかよ!!って 怒る人はいなくて

それでも わたしにわかるように ゆっくり ゆっくり 単純なフレーズを

話してくれる

あなたと話したいのに〜〜

仲良くなりたいのに〜〜〜 って 伝わって 恐縮するばかり・・・

あの発音と 流れるような英語の会話を聞いちゃうと

オドオドしちゃう 何言ってんのか?? わからないし・・・・

それがね

ブツ切り英語を聞いてたら

表情とかもあるから

とにかく その場で一緒にいて うまいとか下手もない

とにかく話す

気持ちは通じる

なんか いいなぁ って 思えた

今まで 逃げて来たけど

恥ずかしい

かっこ悪い

からだと思う

やっぱり やろう!!

下手くそで当たり前 ぶつ切りでいいんだ!!

わたしは いろんな国の人と交流する機会があるんだから

I can’t で 逃げてたら もったいないよね!

わたしと話したい

って 言ってもらえるって まじ 仕合わせなこと!

わたしも もっともっと 色々な国の人と仲良くなりたい

行って見たいし

来て欲しい!!

そこそこで全然いいんだから

よ〜〜〜〜〜〜し!!ってことで

まこ先生 (娘 二人とも まこ先生のクラスに入ってました)

のクラスに  新入生   入りました!!!

img_6684.jpg

この冬には ソーリーソーリーから卒業です

楽しんで お客様をお迎えできるように

超実践 超初心者英会話を学びます

がんばるで〜〜〜〜〜〜〜〜!!!

ちなみに 昨日受けた

運行管理者 試験 3回目は 落ちました!

チーーン!!

一緒に 受けた スタッフが 合格ラインなので期待しています。

運行管理の試験同様

できない 覚えられないことばかりだけど

でも 英会話は がんばるで〜〜〜!!

The following two tabs change content below.
中村ゆかり

中村ゆかり

株式会社 五龍舘 代表取締役社長 長野県白馬村にて ホテル五龍館(ごりゅうかん)とアネックススクエア2件のホテルを経営する株式会社五龍舘の代表取締役 前職は、百貨店にて外資系化粧品の販売を12年。結婚し白馬へ。 4代目経営者となる。 大学の国際観光学科の講義やゼミ生と観光イベント実践のお手伝いもしています。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です