老いる両親と 笑っていようね!!


わたしの両親は実家の大垣でふたり暮らし

弟は アメリカ 自動車の会社でなかなか帰っては来れない 多分このまま定年まで

って感じよ で わたしは長野県白馬村 ふたりの子供は遠くに暮らす。

父は 87歳 やや痴呆ありです

母は 82歳 頭はボケてないけれど 病気で足が徐々に動かなくなる

現在は車いす での生活 父の介護での生活は難しくなり

実家から 歩いて3分のショートステイで ロングステイさせてもらってます。

近所で 知ってる人が多いことや ケアマネージャーさん 担当くださるみなさん

とても優しい方達で ここに来てから とても元気になりました。

食事やおやつ 入浴 薬の管理 寒い暑いがなくて ちょうど適温で

暮らすと 血圧が安定して 食事の管理がちょうど良いから

食べ過ぎない バランスが良い で顔色もいいの

ありがたいことです。

人間 食 住 入浴 睡眠 あとは 排泄(失礼 お年寄り重要)ここが

安定すると 気持ちも安定して 調子いいみたい

欲張れば キリがないけれど 動けないんだからと自分なりに納得している様子で

母は よし!と

問題は 一人暮らしの父です

もともと 社交的な人だったのに

5年前の年末 12月31日 緊急搬送されて 大腸の手術

緊急のために 人工肛門になってしまったの。人工肛門ののこと

ストマ と言います。 これがコンプレックスとなり

どこにも行かなくなっちゃった。

ストマも 匂いもないし 人からは 全くわからないんだけどね

これがあるから と

頑なにひとりでいる父

母の元へ毎日 お昼の時間に 通って 話したり一緒に過ごす

日課を送っています。

じじいの一人暮らしだから 実家に行くと 2日間は大掃除 ヘトヘトです

仕方がないけど 今回 お掃除もヘルパーさんに依頼して来ました

IMG_4611

母は お料理は 大好きで 色々と 美味しいものを食べさせてくれた

子供の時には 自宅で パウンドケーキを焼いてくれたり

お料理上手で自慢の母でしたが

すっかり何もできなくなった。

あんなに 社交的で 幹事役大好きな父が ストマのことで

外に出なくなった。

老いる ということは 自分の思うようには行かなくなるということを

教えてくれています。

私たち 子が同居していなくても

頑張ってくれている両親と ケアマネージャーさん ヘルパーさんや

弟のお嫁ちゃんやら 身近な人のおかげ ちゃんと生活ができているけれどね

そんな中

両親は わたしのことが大好きで いつもいつも待ってる

会いに行けば 泣きながら 迎えてくれるけれど

1分も話せば 笑顔になる!

笑っていようよ!

何があっても楽しくしようよ!

大丈夫 !って 私たちは 大丈夫よ!って

いつも 言ってるの

そうやって 一緒にいられないのを ごまかしてきました 笑

罪悪感なんて感じるなっ ご両親にはご両親のライフスタイルがあるんだ

という 素敵な看護師さんのおかげでね

こんな感じで介護に向き合って入られます。ありがたいです

で もう今日は 白馬に帰って来ました

到着してすぐ 学生旅行さんで 賑やかな館内です。

若いエネルギーで溢れてます。

そんな日常です。

The following two tabs change content below.
中村ゆかり

中村ゆかり

株式会社 五龍舘 代表取締役社長 長野県白馬村にて ホテル五龍館(ごりゅうかん)とアネックススクエア2件のホテルを経営する株式会社五龍舘の代表取締役 前職は、百貨店にて外資系化粧品の販売を12年。結婚し白馬へ。 4代目経営者となる。 大学の国際観光学科の講義やゼミ生と観光イベント実践のお手伝いもしています。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です